福岡Rubyist会議03に参加した

regional.rubykaigi.org

何も書かないよりツイートまとめだけでもあった方が良いかと思い。

前日

17:00くらいに福岡着いたあと、角谷さんと島田さんとイカ&ふぐを食べた。最高に美味しかった...。

そのあとビールを飲みにいったらRubyistがいたし、後から別のRubyistもきたし、「はじまったな!?」感がすごかった。 結局日付変わるくらいまで飲んでた。

ワーケーションしていたおかげで(?)いろんな話のネタが生まれてよかった。べんり。またワーケーション欲が高まってしまった。

当日(本編)

カフェイン凄まじかったw

各セッションのツイートは省略!!

全体的にバランスも良くて、シンプルに楽しいセッションばかりだった。全然飽きなかった。始終雰囲気も良かったと思う。

なんだろううまく言語化できないんだけど、よさみがすごかった。(ひどい語彙力)内輪感はありすぎず、でも距離感は近いというか何というか。ゆる〜い一体感的なものがあった気がする。

「こういうのがいいわ〜〜」「こういうのもっとくれ〜〜〜増やしたい〜〜」となった。(ひどい語彙力)

ここでいう"地域Ruby会議らしい" というのは、「自分の普段の生息範囲からはちょっと遠いところ」くらいのニュアンスなので、これまで参加した地域Ruby会議が地域Ruby会議らしくないとかではありません!!

昨年、「Rubyの会ももうちょっとやってくぞ」となってから*1 何度か「るびま」の話は挙がっていて、とはいえ特段何かできていた訳でもなく。

西山さんのトークのおかげで、いろんな人が想いを持っていることも知られたし、新たな動きも生まれつつある*2ので感謝です。

島田さんにくっついて勢いで軽くお礼は言ったのだけど、多分誰だ??ってなってたはずなので、ご挨拶するときはちゃんと名乗りましょうね!!!と反省した。

帰り

ここでは島田さんとAkiさんと、るびまの話にはじまり結構真面目な話をたくさんできた。ほんと、お二人の傾聴・受け止め力はすさまじい。

こうグッと気持ちが高まると勢いでいろんなことに手を出しちゃうんだけど、そうやっていつの間にかまたダメになってしまうので、熱は持ちつつ熱くなりすぎず、できることを少しずつやっていこうね、というお気持ちでいる。